箕輪のちょっといい話

 

 箕輪町の箕輪進修高校生がデザインしたという、ヤマコのお弁当の

 包装紙。

 

 これは、キャリア学習の一環で、そのお店のこだわりや思いを

 伺ったうえで、デザインをするというものだったそうです。

 

 店主の方が、話したことをよく聞いて、グループそれぞれに

 特色を出して考えられたようです。

 

 

 小さなお店ですが、生鮮も売っていて

 元気な奥さんとおばあちゃん二人で

 予約を受けたお弁当を、食べる人に合わせて

 新鮮な素材で、旬を取り入れて作っている

 そうです。

 

 学生に、得意料理は?と聞かれたとき

 おばあちゃんが偶然通りかかり、彼女の

 作る卵焼きが得意料理、と答えたそうです。

 

 

 そこで、このおばあちゃんの包装紙のアイデア

 が生まれましたが、「奥さんと二人でやってるし

 奥さんも描かないとまずいのでは?」との意見が

 出たそうです。でも学生の一人が「でも、あの

 奥さんなら、きっと許してくれるよ!」と

 言ったんだそうです。奥さんもそれを聞いて感動

 したそうです。

 

 こちらの予約制弁当、とても美味しいと評判で

 お昼どきにはお惣菜を買いに近所の方が

 やってきます。一度覗いてみては?

 

ヤマコ中村商店 Tel:0265-79-2539

 

 

長野県上伊那郡箕輪町大字中箕輪木下12067 スーパー中村商店仕出し部