ますや旅館のお話

 

 先日用事があって、箕輪町の木下にある「ますや旅館」さんに

 伺いました。

 

 ご主人とお話ししていたら、歴史がある宿なんですよ、という

 話になり、この玄関に飾ってある看板も明治に書かれたもの

 だそうです。(上部に使われている金具明治時代のもの)

 

 それだけでも感心していたんですが、なんと・・・

 

  こちらの早川石牙さんという方のお話をお聞きしました。

 

  この方は、山梨県で江戸後期に起きた「太升騒動」という

  農民一揆に関係した方だそうです。

 

  この方は、訴え状を文字の書けない農民のために書いて

  あげたそうで、騒動となったときに、他所へ逃れて命は

  取り留めたけれど、ほとぼりも冷めてもう山梨へ帰れるか

  と現在の箕輪町から手紙を書いたのですが、まだ帰らない

  ほうがいいと言われ、5年この地に住まわれたそうです。

 

 最後は、早川さんはこの地で亡くなったそうです。

 

 そんな時代から続いている「ますや旅館」さん。

 

 現在は、お仕事で長期滞在する方の、強い味方。

 一昨年、内装もリニューアルしてとても綺麗

 です!

 

 是非、お気軽にご利用ください。