箕輪町が、「ずくだせテレビ」に

先日の話ですが、1月26日(金)の SCB「ずくだせ

テレビ」の「見なきゃ町村」で、箕輪町が紹介されました。

 

この間取材に来ていたのは、これだったんですね!

と思いました。

 

リポーターの女性が、サイコロを振って、目に書いてある

お題に基づいて、町を紹介する、という内容でした。

 

最初のお題は、「技」ということで、木彫りの作品を

手作りして販売している、「工房 渓のメロディー」さん

が紹介されました。

 

とても精巧に彫られた川魚の生き生きした様子に

レポーターの方もビックリされていました。

本当に素晴らしい作品です。

 

こちらの工房は、以前「人生の楽園」でも取材をされて

放映されたことがあるんですよ。

 

 

 

その次のお題は、「ワンコイン」でした。

500円で楽しめる所・・・・ということで総務課の

河合係長がおすすめしたのは、「美空ひばり 歌の里」

でした。さすが!選択が素晴らしい~

 

(ワンコイン、と言われて私は「ながたの湯」と

 思いました)

 

美空ひばりさんのファンはもちろん、そうでない方も

昭和の大スターの数々の歴史を垣間見られる貴重な

資料館です。(カラオケも出来ますよ!)

 

 

最後のお題は、「お宝」です。

町のお宝は、「フェンシング」という事で、

現役で活躍している 役場の河西さんが、フェンシングの

動きをかっこよく決めてくださいました!

 

今回の取材で、かなりマニアックな(?)箕輪町の

魅力を紹介していただけて、とても良かったなと

思いました。

 

是非 箕輪町に遊びに来てくださいね♪