水路橋を見に行きました

今日は、箕輪町にある、水路橋を見に行ってきました。

この橋西天竜幹線水路にあり、フォトコンテストでも、よくモデルになります。

水路はかつて辰野町から南箕輪村へ水を引き水田にするために、大正11年から工事が始まり、スコップやモッコの人力で掘られ、谷を越えるため橋が架けられました。

そして昭和3年、11月に完成。その後、昭和16年に 谷を直接潜るサイフォン式にとって代わられ、今日まで道路として使われているそうです。

 

今日は雨のあとの曇りだったので、橋が濡れて暗い雰囲気が

しますが、晴天の日はもっといい写真が撮れると思いますよ。

 

周りの田んぼの水鏡もいい感じです。