ジオパークについての講演会が行われました

みなさんは「ジオパーク」についてご存知でしょうか。

 

☆ジオパークとは・・・

「地球・大地(ジオ:Geo)」と「公園(パーク:Park)」とを組み合わせた言葉で、「大地の公園」を意味し、地球(ジオ)を学び、丸ごと楽しむことができる場所をいいます。

 

※「日本ジオパーク」公式HPより

   http://www.geopark.jp/

 

言葉だとすこしイメージしづらいかもしれませんね。

「その土地の歴史や景観、地球を感じたり勉強したりしながら楽しめる地域」を「ジオパーク」ですが、重要なのは「ジオパーク」であることを足掛かりに地域の活性化や観光の発展、地域を元気にする人材の発掘・育成に取り組んでいくことであると考えています。

 

上伊那はジオパーク的に素晴らしい場所の宝庫だそうです。

現在、上伊那では既に認定されている「南アルプスジオパーク」のほか、

「中央アルプスジオパーク」についても認定に向けて取り組んでいるところです。

箕輪町にも、八乙女の水路橋や萱野高原からの景色をはじめ、たくさんのジオがあふれています。

 

この度、ジオパークの先進・成功事例観光都市である香美町にてジオパーク推進に取り組まれてきた今井ひろこさんによる講演会が箕輪町で行われました!

会場は50名を超える方々の熱気でいっぱいでした

 

 

非常にパワフルな今井さん。

興味を引く語り口でジオパークを活用した地域活性化についてお話いただきました。

ジオパークにより観光の担い手となった方のお話、新しいイベントや名産品のお話・・・

いずれも地域愛とジオパークとしての豊かな土地、そしてそこで活躍するみなさんの努力あってこその成功なのだと感じました。

ちいさなきっかけ、わずかな勇気が大きな地域づくりにつながっていくのです。

 

 

上伊那にもその可能性が眠っています!

ぜひ、今後もジオパーク構想に取り組み、地域の魅力をさらに引き出していきたいですね♪

 

ジオパークについては、今後ますます盛り上がっていく予定ですので、イベントや講演会を見かけた際にはぜひぜひ飛び込んでみてください!

地域一体となり、まちづくりに取り組みましょう!