箕輪を歴史を知り、文化にふれる

歴史散策

歩いて巡る 東山山麓 歴史の道

~ 名所旧跡をめぐる 5つのコース ~

三日町地区コース


三日町地区コース

御射山三社御旅所(おたびしょ)

御射山三社御旅所
御射山三社御旅所

御府社(二位殿坂)、秋宮社(町裏)、御旅所(御射山)の三社を御射山三社といいます。その創建については、文安2年(1445)ち箕輪城主箕輪義雄が箕輪南宮神社を一の宮から木下に遷した時、秋宮社及び御府社を建てたと伝えられています。毎年9月末の例祭には、御府社及び秋宮社の神様等を神輿に遷し、区内を巡行した後、御旅所に遷座して3日間の祭事を行います。古くはこれを穂屋御狩(ほやおかり)の神事といったそうです。また、秋宮社の神様は、毎年12月27日~28日にかけた深夜に箕輪南宮神社に御遷りになり、翌年7月の箕輪南宮神社例祭の後、木下・三日町区内を神輿にて巡行し、再び秋宮社に遷座されます。

三日町のマツ

三日町のマツ
三日町のマツ

御射山神社の社地にあるアカマツの古木で、以前は幹が6本に分かれていたため「六本松」と呼ばれていましたが、現在は2本の残すのみです。目通り周囲は約5.3mあり、町の天然記念物に指定されています。


御不動様

御不動様
御不動様

一寸八分(約5センチ)ほどの金銅製と思われる立像で、秘仏であり、ご開帳の時以外は直接拝観することはできません。持ち主が、小さなお堂を建てて安置した後、村の御不動様にしたいとの希望が高まり、お堂を含めた土地を寄付したそうです。福与城を攻めた武田信玄配下の武将の守り本尊であったとの言い伝えがあるそうです。

澄心寺

澄心寺
澄心寺

創建は正治元年(1199)と伝えられています。元禄13年(1700)に山火事の類焼で全堂宇を焼失し、明治元年(1868)には、くらがり沢の蛇抜けといわれる山津波で禅堂、位牌堂、宝蔵、大庭園を失いました。お寺の前に立つ大スギ(町保存樹木)は、目通り周囲530cmあり、推定樹齢は600年といわれています。


お問い合わせ

 

箕輪町役場・箕輪町観光協会

TEL : 0265-79-3111

E-mail :  kankou@town.minowa.nagano.jp