長野県伊那谷の田舎町 箕輪町の観光サイト もみじネット - 箕輪町観光協会ホームページ

箕輪町のこだわりが見えて、箕輪の人の顔が見える。箕輪でどんな事ができるか、ゆっくりご覧ください。

  トップページ  >  モデルコース 箕輪町絶景スポット  > 樹齢1000年を超える権現桜

樹齢1000年を超える権現桜

知る人ぞ知る、中曽根の権現桜。ライトアップされた樹齢1000年の姿に感じる何か・・・思いに耽りシャッターを押す・・・
箕輪町中曽根集落の中心にある公民館の北にある大樹。 木の下に小さな祝殿があり、権現様が祀られているところから権現桜と呼ばれ 古くより親しまれています。
花の色は白味が多く、花は吉野桜より大きく満開時の時期にはライトアップされ、 その美しさを更に際だたせています。

※東日本大震災以降、ライトアップは自粛しております。

中曽根では夫婦桜とも呼ばれる権現桜!

二本に分岐してからというだけでなく、 一方の花は赤く、他方は白く咲くというのでこの名前が付いています。この色の違いは、開花する時期のずれが理由で、西方から出た幹の方が2〜3日早めに咲くため白く感じます。実に不思議なこの権現桜は県内有数の巨木で樹姿が良くと整い、樹勢も盛んで県内では数少ない名木の一つです。

権現桜の詳細!

●桜の形状:種類:エドヒガンザクラ 樹齢:約1,000年 地上1.3mのところで大きく東と西に枝分かれしている。分岐点より更に枝を10mから15mと四方に張っている。
●花期:4月25日頃で普通のヒガンザクラより3日ほど遅く開花する
●県の定天然記念物(昭和42年5月22日指定)

住所 長野県上伊那郡箕輪町大字中曽根293番地
電話 箕輪町役場産業振興課 0265-79-3111


拡大地図を表示


最新観光案内ページはこちら

このページの先頭へ